FC2ブログ

Arrozal de la Paz

Sala de Pepe 留学→遊学→遊楽日紀

シュライニング音楽祭

5月31日(木)

バルセロナは夏に向けて暑くなってきました。今が一番過ごしやすい時期のようです。

5月19日から5日間、オーストリアのシュライニングというウィーンから100キロほど離れたハンガリーとの国境に近い小さな村にあるお城で行われる音楽祭に行ってきました。オーストリアを訪れるのは今回が初めてでした。
sch3.jpg


音楽祭は昨年末にピアニストで編曲家の山本京子さんからウィーン国立音大の教授をされるクトロバッツ兄弟が彼女の編曲作品を2台ピアノで演奏されるとの連絡をいただきました。山本さんもウィーンに来られるとのことで、これは聴きにいかなと早速格安航空券の手配だけしました。
飛行機から眺めるウィーン市内。バルセロナから2時間のフライトでした。
sch0.jpg


とりあえずウィーンまでの航空券は手配したものの音楽祭の会場までのアクセスを調べると何も見つからず、その日の夜7時のコンサートに間に合わせるために空港からレンタカーで現地に入ることにしました。まだ1700キロしか走っていない新車でした。
sch1.jpg

スペインから持参したカーナビ頼りに田舎道を走りました。オープンカーで走りたくなるような道でした。
sch2.jpg

シュライニング城到着。公共交通機関が見つけられなかったのも納得できました。
sch6.jpg

山本さん編曲の2台ピアノ用にアレンジされたお馴染みのピアソラナンバーに加えて、新しくアレンジされた「タンゴの歴史」の初演コンサートでした。ピアノはベーゼンドルファー モデル280 素晴らしいピアノです。
sch4.jpg

満員御礼、大盛況のコンサートでした。山本さんの素敵なピアノアレンジにクトロバッツ兄弟の演奏、CDでは聴いていましたが生で聴く方が断然良かったです。世界最高の男性ピアノデュオはクトロバッツ兄弟、女性ピアノデュオはラベック姉妹でしょうか。4人での共演が実現すれば面白いでしょうね。
sch5.jpg

この日は音楽祭最後の夜でしたので演奏会の後はお城の中でレセプションでした。もちろん聴衆も全員参加でした。美味しい食事付の音楽祭も珍しいですね。
sch8.jpg

お城のホテルで1泊し、音楽祭最終日の20日はお昼に地元の民族音楽グループによる楽しいコンサートで幕を閉じました。
sch7.jpg


今回は都合で1週間の音楽祭の最後の2日間しか滞在できませんでしたがこんな所で毎日音楽を聴いてのんびり1週間滞在できれば心身ともに癒されるでしょうね。
sch9.jpg




コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/05/31(木) 17:05:54 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pepewada.blog6.fc2.com/tb.php/111-459d746f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)