FC2ブログ

Arrozal de la Paz

Sala de Pepe 留学→遊学→遊楽日紀

アルゼンチンでの踏切の渡り方

9月18日(日)

日本でも新聞に掲載されましたが9月13日にアルゼンチン、ブエノスアイレスで大きな列車事故がありました。

アルゼンチンの新聞のサイトでは踏切側から事故の瞬間の映像が見られます。
http://www.lanacion.com.ar/1405813-el-momento-del-accidente-entre-el-colectivo-y-el-tren

ドイツのニュースのサイトではプラットフォーム側の監視カメラの映像が見られます。
http://www.handelsblatt.com/video/video-news/panorama/video-zeigt-gefaehrliche-zugkollision/4612958.html


事故したバスのようにアルゼンチンでは遮断機が降りているのにもかかわらず堂々と踏切を渡る習慣があります。映像のように45度しか降りない遮断機もあるくらいです。基本的に遮断機は両側通行の道の場合は通行車線側にしかありません。ですので対向車線側にまわれば遮断機をくぐる必要もなくそのまま線路を渡ることができます。

ボクもその習慣を証明する写真を撮っていました。ブエノスアイレス滞在時に頻繁に電車を利用していたのでブログのネタにしようと電車の写真も撮ったものの放ったらかしにしていました。写真をよくよく見返すと、列車が踏切を通過している時でさえ踏切の中で待機する人がいるではないですか!第三軌条式(大阪市営地下鉄(一部を除く)のように線路脇のレールから電気を集める方式)にもかかわらず踏切を作るのも日本ではありえないことですが。。。
tren1.jpg

拡大してみました。せっかちな性格で有名な大阪人もビックリです。 
tren2.jpg

ところ変われば踏切の渡り方も変わるものですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pepewada.blog6.fc2.com/tb.php/83-5f9903e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)